2018年11月18日 (日)

おとめ山のサギ

おとめ山のサギ

| | トラックバック (0)

2018年11月17日 (土)

トウガラシ

トウガラシ

| | トラックバック (0)

3つの資格、3つの仕事

 弁護士、公認会計士、税理士

 3つの資格の
 感想を聞かれることがありますが、
 私の感想を述べても偏ってますが。

 弁護士業は嫌な商売です。
 悪意のある人達を相手にして、
 相互に揚げ足を取り合う仕事。
 カネよりも、感情とプライドの戦い。
 若い頃なら楽しんで喧嘩をしてましたが、
 結局は、喧嘩の勝敗は丁半博打です。
 両方の弁護士が勝訴を信じてますが、
 当然の事ながら両方が勝つ訴訟はあり得ない。
 結論が見えない法廷に依頼者は連れては行けない。
 東京と地方では裁判官の印象が違いますが、
 東京の裁判官は陰険なのが多かった。
 弁護士業は儲かる商売でしたし、
 エリートという評価もあったが、
 それも今は昔。

 公認会計士はつまらない仕事です。
 面白いと思うのは最初の3年に限る。
 いや、それは今は昔。
 いま、最初からつまらない仕事かも。

 税理士業は良い仕事です。
 通達、質疑応答集という絶対確実な基準。
 難解だが、理論的な税法という共通言語。
 自己責任で生活する、商売人という顧客。
 毎年に税制改正というお祭りがある業界。
 平穏な会話で平穏な生活を確保する仕事。
 

| | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

ご近所さんの栗

ご近所さんの栗

| | トラックバック (0)

ipadの使用法を開発中

 ipadを、
 私のノートパソコンの
 サブディスプレーに使う。

 2つのipadを持参し、
 保存したファイルを
 ミラーリングにして顧客に説明する。

 昨日と、
 今日に発見したipadの利用法。

 この頃、税法を学ぶのと同程度に、
 iphoneやipadの利用法を学ぶ必要がある時代。

| | トラックバック (0)

納税猶予と相続時精算課税

 納税猶予と相続時精算課税の矛盾。

 主税局は、承知の上で採用した課税関係なのか、
 あるいは主税局も気が付かなかった立法のバグなのか。

 私は、主税局も気が付かなかったバグである方に一票。

 そもそも納税猶予と
 相続時精算課税の理屈を摺り合わせるのは難しい。

 父の次に子が死亡する正常の場合の他に、
 父より先に子が死亡するという逆相続の場合、
 途中で会社が頓挫し納税の免除を受けた場合。

 その全てに
 相続時精算課税の精算が必要になってしまうのが、
 現時点で発見されている相続時精算課税のバグ。

 納税猶予について、
 相続時精算課税を選択するのは、
 大いなるリスクでしかないように思う。

| | トラックバック (0)

1つの仕事で3つの成果

 私達の仕事で、
 多様な情報を作り出しているのなら、
 その情報を二重、三重に利用しないと勿体ない。

 1つの仕事で3つの成果。
 それが楽して人生を生きるコツです。

| | トラックバック (0)

日本中を旅する

 この10年、20年で、
 日本中を旅した雰囲気です。

 沖縄から北海道まで、
 北海道も、札幌に限らず、帯広、旭川。

 多様な町で、多様な人達に歓迎して貰える。

 体調管理と、
 当日の交通事情など、
 それなりに神経を使いますが、
 それも現地の歓迎で全て解消。

 良い業界、
 良い仲間、
 良い人達。

| | トラックバック (0)

裁判のIT化

 裁判のIT化なんて不可能です。

 それを実行するのには
 弁護士の発想を変えなければ成らない。

 いや、
 手続に対する発想ではなく、
 トラブルに対する発想です。

 カネで済む話しは、
 カネで済ませるように依頼者を説得する。

 取引なら値引き程度の金額は、
 訴訟になってからも値引きで処理する。

 弁護士の意地で、
 成り立ちもしない主張を繰り返す。
 そんなことは恥ずかしい事だと認識する。

 増えすぎてしまった弁護士について、
 強制退職の制度を導入して、
 53歳で退職して貰う。
 ―――――――――――
 自由と正義 2018年11月号
 民事訴訟のIT化
 
 韓国における裁判のIT化は、民事裁判制度の一部にとどまるものではなく、刑事事件を除く全ての裁判手続に及ぶものである。導入前には慎重論があったものの、現在となっては、その使い勝手や利便性に対する法曹実務家の評価は高い。

 筆者が韓国を訪問して調査を行った際には、裁判官は、電子裁判導入による効果として、審理の迅速化・充実化を挙げていた。電子裁判の導入により、簡易かつ迅速に必要な記録にアクセスできることが大きなメリットとして捉えられているようであった。このほかにも、当事者本人が容易に裁判記録にアクセスできるようになったことで、裁判の透明性が高まったことも高く評価されていた。

 他方で、弁護士は、記録の提出・管理の簡便さを挙げる者が多かった。これまで紙で作成・提出・管理していた訴訟記録が電子化されたことにより、ペーパレス化、省スペース化、コスト削減等に大きく貢献しているとのことであった。また、外出先でもパソコンさえあれば、いつでも訴訟記録の確認ができるため、業務の効率化にも大きく寄与しているようである。
 ―――――――――――

 硬直化してしまった日本の制度、
 この頃、韓国に学ぶところが多い。

 キャッシュレスや、
 消費税のインボイス制度。

 

| | トラックバック (0)

遺言執行者の指名

 遺言書を作成する変わり者がいたとしても、
 その遺言で遺言執行者を指名しては成らない。

 仮に、遺言執行者を指名するのなら、
 相続人である長男、長女を指名すれば良い。

 信託銀行や、
 弁護士を遺言執行者に選任したら、
 いいようにぼられてしまう。
 ―――――――――――
 自由と正義 2018年11月号

 2 処分の内容 業務停止1月
 3 処分の理由の要旨

 被懲戒者は、2012年8月16日に死亡したAの遺言執行者に就任し、Aの遺産合計1億0013万7486円を管理するに至ったところ、上記遺産のうち2481万8598円の金員について、遺言執行者としての報酬に充当するとして、Aの相続人Bらが提起した上記金員の返還請求訴訟において返還を命じる判決が確定した後も、Bらに返還しなかった。

| | トラックバック (0)

習得したいプログラミング言語

 利用者として演じるのなら、
 プログラムなんて簡単です。

 部品を配置し、
 その部品の個性を定義し、
 その裏側にソースを書く。

 ボタンを置く
 ボタンの個性(名称、色、大きさ、位置、有効か否かを定義)
 ボタンを押したときのコードを書く。

 コードは
 良いリファレンス(用語解説辞典)を手に入れて、
 やりたい作業に適合する命令文を試行錯誤すればok。

 //最後の1行まで繰り返す命令
 for i:=1 to richedit1.lines.count -1 do

 これを数学的に理解するか、
 国語的に理解するか。
 利用者の視点は「国語」です。
 つまり、次と同じ。

 今日のランチはパスタにしよう
 I will turn today's lunch into pasta

| | トラックバック (0)

習得したいプログラミング言語

 語学のように、
 理屈を理解せずに使いこなしてしまえば良いのか。

 数学のように
 理解せずに使っているのでは限界があるのか。

 私の理解ではプログラムは語学です。

 統計学の細かい公式の理屈を理解しなくても、
 エクセルの関数を使えば答が出てしまうのと同じ。

 ただ、エクセルの関数を作っているプログラマーは、
 数学のようにプログラムを理解しているのだろう。

 研究者
 開発者
 利用者と階層が別れるのか。

 そうでなければ新たな言語は登場しないはず。
 私は、開発言語の利用者の役割しか演じていないので業界が分からない。

| | トラックバック (0)

習得したいプログラミング言語

 簿記は1つですが、
 プログラミング言語が多数があるので大変。
 ―――――――――――
 調査では、今後スキルを磨きたいプログラミング言語を複数回答で聞いた。すると、スキルを磨きたい言語の第1位は「Python」だった。回答者1000人中、実に670人がPythonを選んだ。ITエンジニアのおよそ3人に2人がPythonを推す状況だ。

 https://tech.nikkeibp.co.jp/
 ―――――――――――

 語学のように、
 1つを学んだら、
 他の語学が分かりやすくなるのだろうか。

 あるいは、
 語学のように、
 1つの言語を習得するので精一杯なのだろうか。

 私は、
 basicから、VBに移行し、Delphiで終わった。

 その段階毎に
 ソフト能力は上昇したように思う。

 つまり、
 語学のように、
 1つを学んだら、
 他の語学が分かりやすくなるのだろうか。

 しかし、
 スワヒリ語のような言語もあるのだろう。

 昔、商業簿記、いま、プログラム。

| | トラックバック (0)

銀行の存在価値

 銀行の昭和の時代のビジネスモデルは、
 小口資金を集めて大口融資をすることにあった。

 時価発行増資が当たり前になった以降は、
 中小零細、住宅ローンの提供で生き延びてきた。

 中小零細企業が消滅し、
 住宅ローンの利用者が激減し、
 預金と貸付の利率差が減少してしまった時代でも、
 カネの血液循環を担う循環器内科の役割を果たしていたが、
 現金という紙の流通が減り続ける時代に、銀行は、
 どうやって高額な給与を支払う利益を稼ぎ出すのだろう。
 ―――――――――――
 「デジタル銀」 英で急成長
 スマホアプリのみで営業 外貨両替・国際送金を安価に

 スマートフォン(スマホ)アプリだけで営業する「デジタル銀行」が英国で急成長している。
 安価な外貨両替や国際送金が特徴の英レボリュートは、利用者数がこのほど300万人を超えた。
 米国やシンガポールなど欧州域外への進出を準備しており、日本でも2019年初めにサービスを始める予定だ。

| | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

おとめ山の一輪

おとめ山の一輪

| | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

相続編の改正(特別寄与分)

 相続編の改正について、
 多くの解説は勘違いしている。
 ―――――――――――
 やりくり一家のマネーダイニング相続制度
 高齢化背景に大改正
 配偶者の保護などが柱
 今日の日経新聞夕刊

 「法改正後は子供の配偶者など相続人以外の親族が被相続人の介護などをした場合に、特別寄与料として金銭の支払いを相続人に請求できるようになる」と指摘するわ。

 生前の介護の問題が重要性を増しているという点で、広い意味ではこれも相続の高齢化が背景ともいえるわね。
 ―――――――――――

 特別寄与分の請求は、
 相続開始から6ヶ月以内に行わなければ消滅する。
 相続から6ヶ月もしない時点で法的請求が可能なのか。
 そのような請求をしたら相続人との関係は致命的になってしまう。

 これを請求しても、
 相続人以外の権利なので、
 相続財産の分け前ではなく、
 家政婦代、介護代しか認められない。

 そんな金銭を貰うために、
 権利を行使する者がいるだろうか。

| | トラックバック (0)

相続編の改正(遺留分侵害額の請求)

 相続編の改正について、
 多くの解説は勘違いしている。
 ―――――――――――
 やりくり一家のマネーダイニング相続制度
 高齢化背景に大改正
 配偶者の保護などが柱
 今日の日経新聞夕刊

 法改正では遺留分に満たない部分はお金で返すよう一本化され、不動産などが共有状態になることを防ぎやすくなります。しかし払うお金がないことも多くあります。

 利害の反する相手同士の共有状態だと資産を担保にお金を借りることは難しいですが、今後は資産を多くもらった方がそれを担保にお金を借りやすくなります。そうして遺留分に足りない分を払うことも期待できます。
 ―――――――――――

 従前は、
 遺留分を行使されても
 遺産の一部を渡すことで解決できた。

 改正後は、
 現金で支払わなければならない。

 仮に、
 1億円の遺留分侵害額の請求をされたら
 それだけの資金が準備できるのだろうか。

 一部遺産を引き渡すことが可能だった
 改正前の民法の方が安全だったと思う。

 相続編の改正後は
 遺留分を侵害する遺言書は怖くて作れない。

| | トラックバック (0)

相続編の改正(自宅の生前贈与)

 相続編の改正について、
 多くの解説は勘違いしている。
 ―――――――――――
 やりくり一家のマネーダイニング相続制度
 高齢化背景に大改正
 配偶者の保護などが柱
 今日の日経新聞夕刊

 でも改正民法では、婚姻期間20年以上の夫婦が、住居を生前贈与するなどした場合は特別な受益にあたらないとして、遺産分割と切り離すことになったわ。

 贈与した自宅以外の預貯金などの財産が3000万円で遺族が妻と子なら、この3000万円だけを分割すればよくなるの。
 ―――――――――――

 無税で贈与できるのは2110万円までだが、
 都内では2110万円では住宅の贈与は難しい。

 配偶者への生前の贈与は、
 相続に比較して、
 不動産取得税や
 登録免許税などでも不利で、
 小規模居住用宅地の評価減も利用できない。

 だから、
 2110万円まで
 贈与税は非課税という制度があっても、
 そんな制度は誰も利用していない。

 民法相続編が、
 相続税法の制度を採用しても、
 そんなモノは誰も利用しない。

| | トラックバック (0)

相続編の改正(配偶者居住権)

 相続編の改正について、
 多くの解説は勘違いしている。
 ―――――――――――
 やりくり一家のマネーダイニング相続制度
 高齢化背景に大改正
 配偶者の保護などが柱
 今日の日経新聞夕刊

 前提として知っておきたいのは、遺言がない場合、法定相続の割合が遺産分割の基準になるということ。残されたのが配偶者と子供1人だと半分ずつよ。

 例えば2000万円の自宅と3000万円の預貯金の計5000万円なら、2500万円ずつね。この場合に配偶者が自宅をもらうと、それでもう2000万円。法定相続の割合に基づくと預貯金は500万円しかもらえないわ。
 ―――――――――――

 その誤解の始まりは、
 配偶者は法定相続分(2分の1)しか貰えないという誤解。
 配偶者が法定相続分を超えて貰ったらダメという規定は存在しない。

 上記の遺産分割なら、
 配偶者が居宅と預金の全額を受け取れば良いのであって、
 「配偶者が自宅をもらうと」「預貯金は500万円」しか貰えない。

 そのような理屈は存在しません。

| | トラックバック (0)

丸ビルのクリスマス

丸ビルのクリスマス

| | トラックバック (0)

書籍案内

書籍案内
税理士新聞に書籍案内を掲載していただいた。ありがたいことです。

| | トラックバック (0)

長銀の破綻の必然性

 長銀破綻の必然性が語られます。
 この時代を経験した者には読み応えが有ります。
 ―――――――――――
 バブルが崩壊した直後の1991年時点で、関連ノンバンクなどに対する長銀の貸し出し残高は1兆円を超えていました。さらに問題はこれらの会社の営業貸付金で、そのほとんどすべてが不動産担保融資であり、グループ企業全体では5兆円近い営業貸付金が、不動産の価格変動リスクを抱えていました。

 それに加え、原因としては、関連会社のトップが本体の役員を務めあげた大先輩たちで、スタッフが苦言を呈することがはばかられる風土がありました。また、各社の本業の収益で事態を改善できるという期待もありました。たとえば日本リースはオリックスに次ぐ規模のリース会社で、いずれ上場しようかという勢いもあったので、ある程度経営の自主性を認めざるを得なかったのです。

 https://web.smartnews.com/articles/foBFWjS8WTD
 ―――――――――――

 景気後退でも、
 バブル崩壊でも無く、
 日本株式会社型の管理不能組織が必然性の原因。

 悪意ではなく、
 善意が破綻の原因。
 それを悪意で分析するから教訓にならない。

 多くの失敗の原因は、
 自分を直視できない善意から生じるのです。

| | トラックバック (0)

火災保険という誤解

 火災保険とという名称は誤解の元、
 損害保険と名称を変更すれば良いと思う。
 ―――――――――――
 火災保険 自然災害の被害も補償

 近年は豪雨や台風の被害による保険金の支払いが増加している。損保業界全体の2015年度の火災保険金の内訳は自然災害関連が56%を占めて最も多い。老朽化したマンションの水道管から水が漏れる被害などが26%。一方で落雷や破裂・爆発を含む「火災」は17%で減少傾向が続く。
 ―――――――――――

 我が家でも保険を利用したのは、
 通行車両が塀を壊した事故。

| | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

今日の一枚

今日の一枚

| | トラックバック (0)

タクシー運転手への悪口

 タクシー運転手への悪口
 そんなことを語る芸能人(?)がいる。

 私は、悪い運転手さんに出会ったことが無い。
 感じの悪い運転手なんて存在するのだろうか。

 いや、個人タクシーはダメですね。
 だから、私は、個人タクシーには乗らない。

| | トラックバック (0)

人生七十年

 一時代前、
 つまり、
 私の時代には、
 人生七十年だったのです。
 ―――――――――――
 多川俊映(12)母の死
 「人生七十年」心に刻む 長い闘病 食事の支度担当

 享年69。数えでは70歳。一昔前でも、まだ死ぬような年齢ではなかったが、27歳の私は母の死に際して「人生って七十年なんだな」という思いを強くして、それを心に深く刻んだ。
 ―――――――――――

 そんなことは、
 私の年代だと自明の理ですが、
 おそらく、若い人達には分からない実感だろう。

 今、人生九十年だろうか。
 いや、七十年から九十年迄の幅が生じたのが今だろう。

| | トラックバック (0)

建築途中の建物の評価

 建築途中の建物の評価
 ―――――――――――
 納税通信 第3548号 2018年11月19日号
 6面
 建築途中の家屋の評価額は、その建物の建築開始から相続発生までの期間に掛かった建築費用を7割にした金額だ。
 ―――――――――――

 これって間違いですね(?)。

 近隣の同種の建物の固定資産税を調べ、
 それを参考にした評価額が認められ、
 その評価額の方が遙かに有利です。

 建物の固定資産税評価額は、
 都心で、ハウスメーカーの建物なら、
 建築費の20%程度の金額です。

| | トラックバック (0)

サラリーマンという人達

 サラリーマン

 その場面に登場する人達の心情などは考えずに、
 会社の論理で動くことに何の疑問も感じない人達。

 いや、私は、常に、
 その場面に登場する人達の心情を考える人達と付き合っている。
 弁護士のプライド、税理士の善意、社長の真面目さ、平凡な人達の不安。

 そこに
 サラリーマンと、
 公務員が登場すると、
 私の思想体系が狂わされてしまう。

 通りすがりなら良いのですが、
 会社の論理に組み込まれるのはお断りです。

| | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

山茶花?

山茶花?

| | トラックバック (0)

Suicaで新幹線を利用

 スマートexに、
 Suicaのカードを登録する。

 こちらは東海道新幹線。
 今日は、東北新幹線

 東北新幹線は、
 Suicaの発行母体ですから、
 予約はSuicaから行うのですが、これが微妙。

 予約は簡単ですが、
 「受け取る」という手続は何なのか、
 「現在の特急券選択情報」は何なのか。

 朝、時間に迫られているのに改札が通れなかったら大変。
 30分も、早く、新幹線改札に来てしまった。

 okだったのですが、次の利用まで、
 このシステムが覚えていられるだろうか。

 iphoneのアプリのように、
 何も考えなくても利用できるシステム。
 ソフト開発者の能力の違いなのだろうか。

 いずれにしろ、
 私の年齢で、
 Suica予約で新幹線に乗る人達はいないのだろう。

| | トラックバック (0)

«トランプ大統領の支持者