2019年5月27日 (月)

トランプ大統領の車列

Img_5277

パトカー含めたら50台近くの車列だった。

|

税制改正が無いと

Img_4907

 税制改正が無いと、
 taxMLも盛り上がらない。

 小規模宅地評価減が導入され、
 組織再編税制が導入され、
 会社法が改正され、
 定期同額給与の改正があり、
 信託と一般社団法が導入され、
 民法相続編が改正される。

 歴史に残るイベントでした。
 今年は語るべき改正が無い。

 毎年の税制改正は、
 税理士のぼけ対策と失業対策。

 そのように論じているのですが、
 改正の種が尽きると税理士もボケてしまう。
 複数税率のような嫌な改正は健康に良くは無い。

|

2019年5月26日 (日)

デート価額

Img_5075

 山の手線の下町「大塚」に
 サラダバーが出店したのですが。

 新宿店は大混雑ですが、
 大塚店はガラガラです。

 で、モノの値段には、
 割り勘価額、
 デート価額
 家族価額がある。

 割り勘価額なら1人分ですが、
 デート価額だと2人分になり、
 家族価額だと3人分、4人分になる。

 そして、
 新宿は割り勘価額とデート価額の町。
 大塚は家族価額の町。

 やっぱ、
 1人2400円プラスだと、
 家族価額としては高すぎる。

 2400円なのか、
 4800円なのか、
 7200円なのかの違い。

 これが立地ということですね。
 客層に合わせた立地を選ぶ必要がある。

|

第二会社方式のリスク

Img_5059

 第2会社を設立して、
 旧社を倒産させて税金を踏み倒す。

 第二次納税義務が問われますが、
 犯罪になる方法ではないはず。

 執行免脱罪で送検されてしまう。
 ―――――――――――
 「整理屋」、経営難企業に資産隠し指南 全国で暗躍か
 社会2019/5/26

 業績不振企業の事業再生手法を悪用して資産隠しをしたとして「大物整理屋」と呼ばれるコンサルタント業の男が国税・検察当局に摘発された。

 男は業績不振企業の代表に次々と就任し、税金滞納による差し押さえを免れたとされる。当局は悪質な資産隠しの「指南役」が全国規模で暗躍する実態に警戒を強めている。

 浜田伸興被告は国税当局が長年ウオッチしている整理屋グループの中心人物という。「浜田グループ」などと呼ばれ、昨年末時点で関与している会社は全国で170社超あるとみられている。

|

MMTという経済理論

Img_4946

        国の貸借対照表
 ──────────┬───────
 インフラ(国土価値)│国の借金
           │

 これを公表すべきだと論じてます。
 ―――――――――――
 「国の借金」だけを報告し続ける、財務省のおかしな体質
 『週刊現代』2019年6月1日号より

 さらにいえば、民間企業はグループ会社全体の決算も行う。政府も同じように、国全体の資産と負債をつまびらかにした「グループ決算」を是非行うべきなのだ。もちろん、マスコミがそれを適切に解釈して国民に知らせ、会計に関するリテラシーを高めていくことが必要なのだが。

 負債は増えているが、資産も増えていて、それが政府や財務省の利権となる、というのが不都合な真実だ。先の消費増税がまかり通ろうとするのも、財務省が「知らしむべからず」の姿勢で国民に事実を伝えていないことが大きな問題なのである。

        国の損益計算書
 ───────────┬───────
 高齢化による社会福祉費│税収
 支出の土木利権の硬直化│

 ところが、政府は、これしか発表しないと。
 その意図は、国民に、増税を納得させることだと。
 ―――――――――――
 NHKなどのテレビ、日経などの新聞は律儀にこの「国の借金」報道をし続けている。先の額を国民一人当たりで割ると、およそ874万円になる、という定番の「脅し」も付け加えられることがほとんどだ。

 「財政再建が必要」という財務省の言葉とセットで、さすがに国民は耳にタコだろう。本コラムで度々触れているとおり、「国の借金」だけをニュースで取り上げるのは間違っていると筆者は考えている。

 中学校で簿記を教える。
 私の持論ですが、
 国民の全員が借方と貸方の理論を知ったら、
 世の中の論調は、今とは違ったモノになるはず。

|

花がいっぱい

Img_5268_1

庭の草花
楽しくて、安上がりの趣味です。

|

作家と読者を繋ぐ書店

Img_5088

 小さな書店が、
 作家を招待して、
 読者に向けた座談会を開催する。
 ―――――――――――
 発信作家と読者つなぐ書店
 隆祥館書店店長 二村知子さん
 今日の日経新聞

 作家や出版関係者らが全国から足を運ぶ書店が大阪の街角にある。創業70年を迎える隆祥館書店(大阪市中央区)だ。店長の二村知子さんは作家と読者をつなぐ座談会を200回以上開いている。出版不況の中、ネット通販や大型書店に負けない魅力を放つ。
 ―――――――――――

 で、考えてみれば、
 私の「百箇条」の講演会は、これですね。

 いや、最初に声をかけて頂いたときは、理屈の話しではなく、講演会のテーマとしては無理。そのようにお断りしたのですが(MLのメンバーの方に声をかけて頂いて失礼しました)。

 その後、工夫してみればテーマになるのだと。
 次回以降の講演会では、
 「作家と読者」を繋ぐ。
 そんな視点も意識して見ようと。

 書籍が売れない時代だからこそ、工夫が必要。
 それが「小さな書店」の経営者の主張です。

|

パクス・徳川幕府

Img_5031

 パクス・ロマーナといいますが、たったの207年。
 それも暴力支配と奴隷制度で維持した平和です。
 ―――――――――――
 パクス・ロマーナ

 パクス・ロマーナ(ラテン語: Pax Romana (パークス・ローマーナ))とは、「ローマの平和」を意味し、ローマ帝国の支配領域(地中海世界)内における平和を指す語である。

 ギボンは五賢帝の時代をそう表したが、アウグストゥスが帝政(プリンキパトゥス)を確立したキリスト紀元前27年から、五賢帝時代の終わりであるキリスト紀元180年までを指すようになった。
 ―――――――――――

 それに比較し、
 徳川江戸幕府は
 265年間について平和を維持した。

 戦争が無いだけではなく、
 対外戦力を持たなかった。

 だから、
 国民は豊かになり、
 武士は貧しかった。

 ちなみに、
 武士は、兵隊ではなく、公務員です。

 265年間について、戦争も対外戦力も持たない政治。
 それは歴史上、日本以外には世界に1つも無い実績です。

 日本は、それを自慢すべきであって、
 武力で自国を守ることを自慢すべきでは無い。

 戦前、昭和の時代の人の命を何とも思わなかった時代。
 それが武力で自国を守る時代です。

 戦後、昭和の時代の70年を超える平和の時代。
 中途半端な位置に自衛隊を留めた戦争への反省。

 戦後70年の平和は自慢すべき日本の歴史です。

|

2019年5月25日 (土)

大英帝国

Img_5027

 大英帝国は、
 なんどかの衰退の危機を乗り越えて、
 大英帝国としての歴史を守ってきた。

 しかし、今の国会の現状。
 どっちを向いて議論しているのか。
 足の引っ張り合いという意味では、
 日本の政治以下の状況。
 ―――――――――――
 英国のメイ首相は24日、6月7日に与党・保守党の党首を辞任する考えを表明した。後任が決まり次第、首相の座も降りる。3月末の期日通りに欧州連合(EU)から離脱できず、その後も英国の離脱方針をまとめきれない混迷の責任を取った。メイ氏の辞任で当面、英政治が混沌とするのは避けられない。
 ―――――――――――

 フランスもダメ、
 ドイツも怪しい。
 他の諸国は全てダメ。

 米国のトランプ大統領の一人勝ち。

|

2019年5月24日 (金)

どこでもドア

Img_5089

 ネットの機能はどこでもドア

 自動車の登録事項証明
 不動産登記簿謄本

 どこでも入手可能、

 戸籍謄本
 住民票

 これが、
 どこの役所でも入手可能になる。
 ―――――――――――
 戸籍謄抄本、どの自治体でも取得可能に 改正法が成立
 24年めどに新システム

 戸籍データを法務省のシステムでつなぐ改正戸籍法が24日午前の参院本会議で可決、成立した。パスポートの取得などに必要な戸籍謄本や抄本が、本籍地以外の市区町村でも取得できるようになる。法務省は2024年をめどに新システムの運用を始める予定だ。

 戸籍の原本は市区町村がそれぞれ管理し、法務省のシステムで副本を管理している。個人情報を含むため、現在は自治体間や年金事務所などとの間で戸籍情報の共有ができない。法改正を受けて法務省の管理システムをネットワークでつなぐ。本籍地以外の自治体も戸籍データを見られるようにする。
 ―――――――――――

 既に、
 過疎地の
 独立した市町村は不要。
 市町村は県庁に吸収合併すれば良いと思う。

 いや、過疎化した県庁は、
 総務省に吸収合併すれば良いと思う。

|

漫画、ネット、Kindle化

Img_5083

 「民法の条文」というkindle。

 「目次から条文に飛ばせるので、六法に比べて使いやすい」と星3つだったのでダウンロードして見たのですが、

 目次の条文の羅列から、
 それをクリックすれば、その条文に飛ぶだけ。

 672
 673
 674
 674
 ……
 ……

 apbooksの民法バージョンに比較したら100分の1の機能。

 apbooks版は、
 1 民法の条文がツリー構造になってます。
 2 旧条文も同時に閲覧できます。
 3 カラーです。
 4 算用数字です。

 kindleは、
 設計思想を間違えていると思う。

|

MMTという経済理論

Img_5082_1

 過去と、
 いまと、
 将来を区別して考える必要があります。

 過去を考えれば、
 戦後の焼け野原から復興し、
 道路、鉄道、電気、水道、町造りは完璧で、
 東京のオフイスはニューヨークより素晴らしく、
 住宅地には贅沢な生活が確保されている。
 「山の中のぽつんと一軒家」に行く道も舗装してあり、
 電気が引いてあって、水道まで完備していたりする。

        国の貸借対照表
 ──────────┬───────
 インフラ(国土価値)│国の借金
             │

 つまりは、
 税収でのみ、インフラ整備を行う無借金経営をするか。
 借金をして、インフラ整備を行う積極投資経営を行うか。

 それが過去の敗戦から立ち直った日本の高度成長経済で、
 世界の経済成長と同じ歩みを続けられた積極経営でした。

 将来を考えれば、

 損益計算書的には、既に、破綻状態。

        国の損益計算書
 ───────────┬───────
 高齢化による社会福祉費│税収
 支出の土木利権の硬直化│

 人口ボーナスで成長した経済が終わり、
 ボーナスを造り出した人達が高齢化コストを作り出す時代。
 80歳、90歳を過ぎた人間を生きながらえる健康保険制度。
 誰も戻ってこない被災地に万里の長城を超える防潮堤を作る。
 土木工事が、地方の需要を作り出し、政治家が活躍する構造。

 損益計算書が赤字でも、
 資金繰り表が可能なら倒産しない。

      国の資金繰り表
 ────────┬────────────
 預金が増える生活│預金を原資とした国債発行

 これの無限大の増加が可能か。
 経済理論としては次ですが。

 インフレ=利子率の上昇

 インフレが起きれば、国民の生活が破綻し、国の借金はチャラになる。
 ブラジルなどの中南米の社会のハイパーインフレの経済です。

 インフレが起きなければ、
 てんこ盛りの預金を持つ高齢者は平穏な生活を続ける。
 日本の現状です。

|

今を生きる

Img_5057

 ―――――――――――
 文化人類学者・小川さやか氏
 今日の日経新聞です。

 子供は50年後を見すえて勉強に励み、大人になると老後に備える。いったい人はいつ「今」を生きるのだろうか。
 ―――――――――――

 2度読み直してしまった。
 何を言っているのかと。

 いや、しかし、確かにです。
 私自身の生き方を指摘している。

 いま、私は、何の問題も無く生きているのに、
 明日に備えて生きている。
 無駄なことだ。
 なぜ、今を生きることが出来ないのか。

 これはマタイによる福音書の次の教えと同じですね。
 ―――――――――――
 まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添え与えられるであろう。
 だから、あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。
 ―――――――――――

 ひとは、なぜ、今を生きることが出来ないのか。

|

2019年5月23日 (木)

責任を認めても10万円

Img_5049_1

 責任を認めても10万円。

 こういう訴訟こそ、
 裁判員制度を導入すべきと思う。

 社会は、
 法律要件で造られているのではなく、
 常識、生活、納得で作られているのですから。
 裁判制度に、それを持ち込むのが裁判員制度です。
 ―――――――――――
 同級生に賠償命令、高1女子自殺
 熊本地裁、いじめが原因

 熊本県立高1年の女子生徒=当時(15)=が2013年に自殺したのはいじめが原因だとして、遺族が県と同級生に数千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、熊本地裁(小野寺優子裁判長)は22日、同級生に約10万円の支払いを命じた。県に対する請求は棄却した。

 遺族は、女子生徒が精神的に追い詰められていたにもかかわらず、教職員らは適切な対応を取らなかったと主張。同級生側は「けんかだった」とし、県と共に請求棄却を求めていた。
 ―――――――――――

 殺人事件、覚醒剤事件、レイプ事件など、非日常的な判断よりも、
 普通の市民が遭遇する事件を判断してもらった方が良い。

 誰が人を殺したか。
 そのような判断でなく、
 何が社会の常識なのかという判断です。

|

オスプレイ

Img_4981

 いま、空を
 オスプレイが飛んでいくのを見た。

 沖縄旅行中ではなく、
 富士山のふもとの山梨です。

|

2019年5月22日 (水)

要介護状態の高齢者

Img_5048

 しかし、なぜ、人間の最終段階で、
 家族に迷惑をかける事になるのが人生なのか。

 私ほど、
 家族を大切にするモノはいない。

 とまでは言いませんが、
 その実績(自尊心)が、
 最後の最後に家族に迷惑をかけることで
 マイナスの評価になってしまうという不条理。

 不条理な事象は、
 人類進化の過程で解消される。
 ところが「死の恐怖」は解消されず、
 認知症のぼけ老人まで出現してしまった。

 医療という個別の正義が、
 人生の終末を遅らせるという
 社会の不正義を出現させてしまった一例。

 人間、死ぬべき時期には死ぬ。
 それが正しい人類の進化だったと思う。
 人為的に正義を否定し、欲を実現してしまった社会。

 家庭内に要介護の人間が出現したら、
 その家庭は崩壊する(のか、カネで済ませることが可能なのか)。

|

ゲームをする部下

Img_5050

 電車の中で
 指を踊らせててゲームをする部下。

 そんなのを上司が見たら、
 やはり、マイナス3点でしょうね。

 いや、もちろん、
 職業によって異なりますが。

|

2019年5月21日 (火)

大場久美子というアイドル

Img_5062

 私の時代は、
 大場久美子はアイドルでした。

 それこそ通学定期に写真を入れる時代。
 ―――――――――――
 大場久美子 サラリーマン夫との生活「とても心地良い」

 女優の大場久美子(59)が18日、ブログを更新し、芸能人ではなく普通のサラリーマンの夫との質素な生活が「とても心地良いリラックスできる」とつづった。

 最近の心境として「還暦直前になり私らしく生きたい仕事をしたい。と思うようになりました」と、自分に合った生き方について考えるようになったことを明かした。夫の口癖は「芸能人なのにこんな狭い普通のマンションでごめんね。サラリーマンだから稼ぎが決まっているからたいしたことしてあげられない…」だという。

 https://www.daily.co.jp/gossip/2019/05/18/0012342750.shtml
 ―――――――――――

 これって負け組が、
 自分を納得させているのか。

 他人と比較しても意味は無いと、
 その立場になって納得したのか。

 騒いでいる人生と、
 落ち着いている人生の2つを経験し、
 今の生活を幸せだと納得しているのか。

 ほっこりと話しを出来る
 そんな連れ合いが隣にいる幸せなのか。

 やっぱ、
 邸宅に住んでいる人生が選べるのなら、
 それを選びたいのか。

 親戚、友人、仕事上の付き合いの方々、
 縁が切れたのか、逆に、仲良くなったのか。

 本人の立場にならないと分からないですね。

 ただ、収入やカネが無いと言うことは予備プランが無いこと。
 そこまで意識しているか否かも、本人で無いと分からない。

 社会は「多様な人生」で造られている。
 人生には多様性(分子)があると同時に、
 分母が、どの程度の広がりを持つのかを知っていたい。

 今、普通の生活でも、
 アイドルだったという人生は貴重だと思う。

|

愉快な仲間達

Img_5068

 弁護士の懲戒処分

 これは異常な分子なのだろうか、
 あるいは分母の傾向を示すサンプルなのだろうか。
 ―――――――――――
 自由と正義 2019年5月号

 処分の内容 業務停止1月

 (5)被懲戒者は、依頼者であるA株式会社から2014年12月3日に800万円、2015年2月6日に500万円を借り入れた。
 (6)被懲戒者は、2015年12月3日、元依頼者Bから利息制限法に違反する2週間で10パーセントの金員を付加して返金する約束で1000万円を受領した。

|

愉快な仲間達

Img_5077

 弁護士の懲戒処分

 「遺産分割協議が終了したなどの虚偽の回答をした。」

 裁判手続が進行し、勝訴判決を得て、回収しました。
 この全てが嘘だったという懲戒処分もありました。

 それって、
 どんな症状なのと質問させて頂いたのが
 当時の懲戒委員だった司法研修所の同じクラスの弁護士。
 その後、自身も、懲戒処分を受けていた。

 ―――――――――――
 自由と正義 2019年5月号

 処分の内容 戒告

 (1)被懲戒者は、2012年3月に懲戒請求者と遺産分割調停の申立てに関する打合せを行い、かつ、2013年2月6日頃、懲戒請求者から上記調停申立てに関する委任状の交付を受けたにもかかわらず、その後3年半余りにわたり、漫然と上記調停申立てに関する事務処理を放置し続けた。

 (2)被懲戒者は、2015年から2016年頃、懲戒請求者からの上記調停申立ての進捗状況に関する問合せに対し、裁判所で手続を進めている、遺産分割協議が終了したなどの虚偽の回答をした。

|

愉快な仲間達

Img_5069

 弁護士の懲戒処分

 14年間も放置する。
 消滅時効の抗弁は成立しないのだろうか。
 ―――――――――――
 自由と正義 2019年5月号

 処分の内容 戒告

 (1)被懲戒者は、2001年11月14日、懲戒請求者との間で懲戒請求者が所有する土地の共有者の持分を取得することを目的として委任契約を締結し、同月15日に着手金及び予納実費合計62万5000円を受領したところ、2002年3月28日に上記共有者に文書を送付した後、約14年6か月にわたり事務処理を放置してその報告もしなかった。

|

誰もが22年を上積みして

Img_5073

 1995年(平成7年)と比較し、

 その後、
 30年間について、
 専門家も、事業経営者も、
 共に、22年の年齢と積み上げてきた。

 手を繋いで30年間を歩いてきたのであって、
 そこに新しく入ってきた人達はいない。
 20年後には、共に、墓に入る。
 ―――――――――――
 納税通信 第3572号 2019年5月20日号

 1面

 白書によれば、1995年に最も多い経営者の年齢は47歳だったが、それから20年以上が経ち高齢化が進んだ結果、経営者年齢の山は2018年時点で69歳となっている。

|

2019年5月20日 (月)

漫画、ネット、Kindle

Img_5052

 小説を読む時代が、
 漫画を読む時代に入れ替わった。

 漫画では何が問題なのか。

 小説を読むときは、著者と会話をしますが、
 漫画を読むときは、漫画家との会話は登場しません。

 手塚治虫が、火の鳥に、どのようなメッセージを込めたのか。
 そんなことを考えずに、火の鳥のストーリーを読むのが漫画。

 しかし、「罪と罰」を思想を考えずに読むこと不可能です。
 著者が語りたかった思想が小説の形で表現されるのが小説。

 ストーリーを読むだけではなく、
 そのストーリーを紡ぎ出した著者と会話をするのが小説。

 その次に現れたのがネット文化、
 電車の中で漫画雑誌を読む人達が駆逐され、
 スマホを見る人達だけになってしまった。
 ゲーム6割、LINE3割、記事を読む人達2割。

 では、記事を読むことで、小説に代えられるか。
 著者の思考に入り込むなんて発想には成らない。
 ネットを検索していたら生き方が学習できるか(否)。

 そしてkindle。
 全体の分量の中の、どこで書かれた文章なのかが重要。
 つまり、著者の起承転結の中のどの箇所の説明なのか。
 kindleは読んでる箇所の全体の中の位置付けが難しい。

 小説など、元に戻り、また前に進むという読み方をする。
 それを作業として行うkindleは作業で思考が途切れる。
 マーカーが付けられるが本に付箋を貼った方が見やすい。
 kindleは一覧性に欠けてド近眼のメガネで本を読む如し。

 その頁毎に解説を読めば済んでしまうハウツー本や、
 料理本、旅行本、低レベル本、コラム本はokと思う。

 聖書のように、座って全文を読むのではなく、
 持ち歩いて気になる箇所を読むのには便利。

 要するに、百人一首のように
 1枚ずつ渡されても読める文章はKindleでok。

 Kindleを利用するのなら、
 専用機よりもiphoneのソフトの方が読みやすい。
 表示文字数が多く、横向き、縦向きの変更が可能なので、
 新聞と同じ段落の文字数で読み進めることが可能です。

 専用機を購入する意味は、
 値段以外には全く存在しない。

 漫画、ネット、Kindleと、人間の劣化は避けられない。

 物知り、雑学と、思考の深さは別の問題だと思う。

 

|

私の履歴書

Img_4938

 ―――――――――――
 私の履歴書
 橋田壽賀子(19)
 女と女 ドラマは家庭の中にあり
 義母に波立つ心 作品に昇華
 ―――――――――――

 サラリーマンの書く履歴書は面白くない。

 しかし、
 多様な専門分野で成功した方の履歴書は、
 執筆者自身の人生に含め、
 執筆者を取り囲む人達の人生が登場して面白い。

 ―――――――――――
 意地が悪いのではなく、お姑さんなりのやり方で岩崎家の家風を伝え、嫁としての教育をしてくれているとはわかっていたが、それでも私の心は波立った。

 しかし私が結婚し、お姑さんや小姑(こじゅうと)の義妹たちができたおかげで「ドラマは家庭の中にある」ということが身に染みてわかった。姑は嫁のどんなところが気になるのか。嫁は姑や小姑のどんな言葉や態度に傷つくのかということも理解できるようになった。「となりの芝生」のセリフにも私の実体験が少しばかり投影されている。
 ―――――――――――

 底意地の悪い姑。
 そんなのも物語の題材になる。

 事象を観察し、
 その事象の理屈を解明し、
 実感のあるドラマを作り上げる。

 小説家に必要なのは、
 小説という「嘘」を書く能力ではなく、
 事象に対する深い観察力なのだと思う。

 

|

ホテルが取れない

Img_5071

 経験談です。

 8月ですが、
 その地域のホテルの全てが満室。

 学会でもあるのか、
 夏休みだから予約が早く埋まるのか。
 ツインだから家族に取られてしまうのか。

 で、
 JTBに行って聞いてみたら、
 予定通りのホテルでok。

 JTBは、
 新幹線のセットなどで、
 ホテルの予約枠を確保しているのですね。

|

2019年5月19日 (日)

メールの作法

Img_4977

 メールの作法ってありますね。

 読み手の時間を節約する。
 画面に表示された文字列を美しく。
 読み間違いが生じないテンポのある文章。

 漢字と平仮名の混ざり具合と、あえて行う漢字表現。
 句読点の使い方、改行の使い方、半角と全角の使い方。
 国語的な正確性よりも、読み手の目に映る読みやすい文章。

 各々の集まり、団体が採用するメールのルールに従う柔軟性。
 自己満足型のオシャレな文章ではなく、万人に通じる手堅い文章。
 書いてあるのだから、それを読み取るのは君の責任という発想の否定。

 会話と文書のプロがメールのプロではない。
 では、LINEのプロはメールのプロなのだろうか。

 弁護士はメールのプロでは無い、
 まして、裁判官はメールのプロではない。
 裁判の電子化に、メールという手法が入れられるのだろうか。

|

リアルとネット

Img_5040

 リアルとネット

 リアルな面談は
 1つの疑問から3つのアイデアに広がる。

 ネットの会話は、
 1つの疑問に1つの回答を得ることが出来る。

 何が違うのでしょうね。
 同じ言葉のやり取りなのですが、
 表情、態度、気楽さ、雑談、余分な会話。

 電話での会話は、
 やはり、ネットと同じで、1つの回答だと思う。

 表情、態度、気楽さ、雑談、余分な会話。
 これをネットで埋める必要があるのだと思う。

 言葉ではなく、感情、好き嫌い、善悪。
 発言を飲み込むのではなく、発言してみる。
 広がりのでる雑談、余分な会話、広がる知識。

 裁判が、法廷ではなく、ネットになったら、
 やはり、裁判官も、同じ悩みを持つと思う。

|

2019年5月18日 (土)

トランプ大統領の評価

Img_5067

 トランプ大統領の評価。
 随分と上がっていると思います。

 「話せば分かる」という政治から、
 「話してもわからん」という政治に時代が変化し、

 その時代の大統領として
 トランプ大統領が大活躍です。

 中国を押さえ込むなんて
 トランプ大統領でなければ無理。

 とても、
 中国が「話せば分かる」国家とは思えない。
 北朝鮮も同様、ロシアも同様、中近東も同様。

 まさに、
 今の時代が求めた大統領なのか、

 あるいは、
 トランプ大統領が出現したので、
 今のような時代になってしまったのか。

|

知識の時代、人生の時代

Img_5030

 知識の時代から
 人生の時代への変化。

 家、ついて行ってイイですか?
 ポツンと一軒家
 ドキュメント72時間

 そんな番組は、
 景色を見るのではなく、
 そこでの生活を見るのがテーマ。
 他の方が、どんな生活をしているのか、それが最近のテーマ。

 池上彰流の知識を学ぶ時代が終わり、
 普通の人達の人生がテーマになる時代。

 それにしても、
 多様な人生があるに驚きます。
 テレビ局の編集(選択)なのか、
 真実なのか。

|

人生は長すぎる

Img_5034

 55才、
 あるいは60才で定年になり、
 70代に死亡した。

 それが、
 私が社会に出た頃の人生サイクルでした。
 それを当然の前提として擦り込まれているためか、

 勝手に寿命が先送りされて、
 人生100年時代と言われて、
 人生、退屈してしまう。

 いま、30代、40代で、
 人生は90才、100才という前提で生活してきた人達は、
 人生に退屈せず、90才、100才まで生きられるのか。

 弁護士業なんて30年もやっていたら、全てが見えてしまう。
 人生なんて60年も生きていたら、全てを経験してしまう。

|

«裁判のクラウド化