« イヌを飼う贅沢 | トップページ | 3年以内離職率 »

2017年9月14日 (木)

脱税で3年間の勾留生活

 凄いですね。
 脱税で3年間の勾留生活。

 「元」が付かないので、
 弁護士登録と、
 会計士登録は維持。
 会費も支払っている。

 無罪という本人の
 強い意思がある事件なのだと思う。
 しかし、「元妻」。
 ―――――――――――
 最高裁平成29年9月5日決定 税理士新聞 第1569号

 弁護士夫と会計士妻
 8億円脱税を再審理へ
 無罪判決を最高裁が確棄

 個人で行った不動産取引を法人が行ったように見せかけて個人所得約22億円を隠し、所得税約8億4500万円を脱税したとして所得税法違反に問われていた弁護士K被告と元妻で公認会計士のK被告の上告を、最高裁第2小法廷が棄却した。

 一審で一度は無罪とされたが、その後2審が再審理を命じ、最高裁もそれを支持した。1審では争点整理だけで2年以上も費やし、脱税で3年以上も拘留されるという異例の展開だが、今回、一審判決の破棄が確定したことで、裁判はさらに長期化することになりそうだ。
 ―――――――――――

 何億円のカネを動かす事業に手を出しても、
 人生を壊してしまったら終わり、
 家庭を壊してしまったら終わり。

|

« イヌを飼う贅沢 | トップページ | 3年以内離職率 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73601/65788951

この記事へのトラックバック一覧です: 脱税で3年間の勾留生活:

« イヌを飼う贅沢 | トップページ | 3年以内離職率 »