« 百貨店の経営を任されたら | トップページ | キャッシュレス社会 »

2017年12月15日 (金)

文章の書き方

 数学の教師は簡単で、
 社会科の教師はもっと簡単。

 しかし、
 国語の教師って大変です。
 漢字を教えることなら可能ですが、

 文章の書き方、文章の読み方、
 それを教えるのは、そもそも頭の使い方、
 いや、センスを教えるのと同じですから、

 どうやって教えれば良いのだろう。

 私は、まず、日経新聞を読ませて、
 それを伏せて見えなくしてから、
 新聞に書いてあったことを
 学生に自分のペンで書かせる。

 そのような訓練が有効だと思います。

 読むだけでは、書き方は理解できない。
 書くだけでは、書き方は理解できない。

 自分を如何に客観視するかですから、
 まさに、人生そのものが文章です。

 で、私は、日本語の文章は、
 リズムと見え方だと思います。

 俳句と短歌のリズムと、
 習字の見え方と。

|

« 百貨店の経営を任されたら | トップページ | キャッシュレス社会 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73601/66160589

この記事へのトラックバック一覧です: 文章の書き方:

« 百貨店の経営を任されたら | トップページ | キャッシュレス社会 »