« モンティ・ホール問題 | トップページ | 花がいっぱい »

2018年5月14日 (月)

地方銀行は消える存在

 昭和の時代から、
 バブル、その後の時代を、
 ずーと見てきた経験からすれば、
 役所とは、役所の為に存在する団体。
 権力とは、制度保身の為に個人を切りつける力。
 法律とは、正義ではなく、法的な制度を守る存在。

 要するに、
 制度とは暴力団です。

 それらの制度に比較し、
 税務署は健全な制度です。
 税務職員の為の税務行政は行いません。
 権力を振るって正義を潰すことも無い。

 働くお父さんと、
 お金を使うお母さんの違いではないかと。

 やっぱ、働いてカネを稼ぐ人達は健全です。
 不健全な制度だとしたらカネを稼げません。
 ―――――――――――
 資産税コンサル、一生道半ば

 まさに世の中は税法主導で動いているのです。また、政府にとっても税制はものすごく重要です。実際に政策を動かすカギは税制ですし、税務署こそ「稼いでくれるお父さん」ですからね。他の省庁は「お金を使うお母さん」ばかり(笑)

|

« モンティ・ホール問題 | トップページ | 花がいっぱい »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73601/66718107

この記事へのトラックバック一覧です: 地方銀行は消える存在:

« モンティ・ホール問題 | トップページ | 花がいっぱい »