« アルベルト6才 | トップページ | バカは責任を負わない »

2018年5月18日 (金)

民法相続編の改正

 民法相続編の改正は何だったのだろう。

 遺留分減殺請求を金銭に限る改悪。
 配偶者居住権という利用しない制度。
 自筆証書遺言が作成しやすくなった。
 第三者の特別寄与分という利用されない制度。
 登記しなければ第三者対抗要件が満たせなくなった。

 立案担当者が遊んだだけという感じ。
 本当に改正すべき事項は次だろう。

 限定承認を原則化して借金を承継する悲劇を防ぐ。
 生前贈与財産には贈与時の価額を採用する。
 預金に限らず全ての資産を分割対象にする。
 遺留分減殺請求に金額的な制限を設ける。
 配偶者の実質持分の先取りを認める。
 撤回できない遺言書の制度を作る。
 特別の遺言方式を廃止する。
 ……
 ……

|

« アルベルト6才 | トップページ | バカは責任を負わない »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73601/66732921

この記事へのトラックバック一覧です: 民法相続編の改正:

« アルベルト6才 | トップページ | バカは責任を負わない »