« 花がいっぱい | トップページ | 改定作業中 »

2018年5月14日 (月)

カネ儲けという強い動機

 正義、名誉、出世などの動機に比較し、
 カネ儲けという動機は格段の熱意を生みます。
 脳味噌が筋肉でできている暴力団の方が先を歩きます。
 ―――――――――――
 指定暴力団、300億円洗浄 仲介役証言
 仮想通貨を使ったマネーロンダリングの構図

 一部の指定暴力団が仮想通貨の取引を利用し、犯罪収益のマネーロンダリング(資金洗浄)を進めている疑いがある。海外にある複数の交換所を介し、所有者が特定されない仮想通貨に換金する手法で、2016年から計約300億円を洗浄したと、仲介役の中国人男性が証言した。仮想通貨に対する海外の規制の緩さが、マネロンを可能にしている。
 ―――――――――――

 犯罪資金を、
 仮装通貨を利用して資金洗浄する。

 しかし、
 戻ってきたときには
 出所不明のカネであることに違いは無い。
 外国の会社の出資という形で受け入れるのだろうか。

 つまりは、国外にカネを持ち出すシステムとして、
 仮装通貨を利用すると言うことだろうか。

|

« 花がいっぱい | トップページ | 改定作業中 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73601/66718295

この記事へのトラックバック一覧です: カネ儲けという強い動機:

« 花がいっぱい | トップページ | 改定作業中 »