« 共同して親権 | トップページ | 判例時報で学ぶ(インサイダー取引) »

2018年7月16日 (月)

ネットへと顧客を誘導

 定期預金の解約に窓口に出掛けた。
 何枚もの定期預金を解約したので、
 1時間以上、2時間以下の時間が掛かった。
 1人の窓口職員を貼り付けにしているが、
 その間の銀行側の人件費は3万円程度かも。
 ―――――――――――
 今日の日経新聞

 銀行がじわりと値上げに動いている。ATMや両替の手数料など、気が付けばあちこちで値上げや有料化が目立ち始めた。ただ銀行側の狙いは収入の拡大よりむしろ、維持費がかさむリアルのサービスから、低コストのネットへと顧客を誘導することにある。値付け戦略をテコに、ビジネスモデルを変化させられるかが腕の見せどころだ。
 ―――――――――――

 ネットバンクに定期預金を登録し、
 普通預金に移動し、逆に、定期預金に移動する。
 それがパソコン経由で出来てしまう。
 その場合は銀行側の人件費はゼロ。

 紙幣、通帳、窓口などは、
 絶滅危惧種の年寄りへのサービスなのだと思う。

|

« 共同して親権 | トップページ | 判例時報で学ぶ(インサイダー取引) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73601/66945864

この記事へのトラックバック一覧です: ネットへと顧客を誘導:

« 共同して親権 | トップページ | 判例時報で学ぶ(インサイダー取引) »