« 太陽光発電は有効? | トップページ | 朝日新聞が終わる日 »

2018年8月11日 (土)

テレビが1万9800円

 新聞広告のテレビの価額が1万9800円。
 なんか、信じられないようなデフレの社会。

 私のアタマにインプットされているテレビの値段は20万円。
 いや、最新の事情に調整したとしても10万円を超える値段。

 競争社会といっても、
 最低限の原価は掛かるはずなのに、
 なぜ、20万円が、2万円になってしまうのか。

 ブラウン管のような工芸品が不要になった。
 デジタル商品は大量生産に向いている。
 東南アジアの低賃金労働。
 世界市場の大量生産。

 2万円で売るとしたら、
 小売店の利益率が20%で。
 輸送コストが20%だとすれば、
 工場出荷価額は1万2000円。

|

« 太陽光発電は有効? | トップページ | 朝日新聞が終わる日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73601/67043600

この記事へのトラックバック一覧です: テレビが1万9800円:

« 太陽光発電は有効? | トップページ | 朝日新聞が終わる日 »