« 今は、もう秋 | トップページ | 家計のギモン(2) »

2018年9月13日 (木)

家計のギモン(1)

 共有相続の家
 持ち分売りたい 時価との差額、贈与税の対象に
 昨日の日経新聞の税務相談

 母が住んでいた家を兄と弟の私で半分ずつ相続しました。兄はその家に住むつもりで、私に共有持ち分を売ってほしいそうです。応じるつもりですが、税金上の注意点はありますか。
 ―――――――――――

 上記の設問についての次の答ですが。
 ―――――――――――
 時価よりも著しく低い金額で売却すると、時価との差額に贈与税がかかります。例えば、時価2000万円の家を兄と弟が半分ずつ相続すると持ち分は各1000万円。これを弟が兄に500万円で売却すると弟から兄に500万円の贈与があったとみなされ、兄に贈与税がかかります。
 ―――――――――――

 この時価は、
 相続税評価額なのか、実勢価額なのか。
 負担付贈与通達が適用になれば実勢価額ですが、
 この種の取引に実勢価額が適用されるとも思えず。

 「著しく低い金額」という定義が必要でしょうか。
 相続税評価額なら10万円でも下回れば贈与と認識されます。

|

« 今は、もう秋 | トップページ | 家計のギモン(2) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73601/67163367

この記事へのトラックバック一覧です: 家計のギモン(1):

« 今は、もう秋 | トップページ | 家計のギモン(2) »