« ペイモする | トップページ | サラリーマンはゴミの予備軍 »

2018年9月14日 (金)

覚悟して投資をしただろうに

 賃貸物件を経営するのなら、
 トイレの掃除など当たり前の話し。
 ―――――――――――
 借金2億円、休日に磨くトイレ
 スルガ銀へ返済「ムリ」

 猛暑が続く8月の終わり、都内の住宅地に立つ築4年目の木造シェアハウスで、50代の男性が汗だくになって共用トイレの便器をぞうきんで磨いていた。3年半前にスルガ銀行(静岡県沼津市)から1億円を借り、このシェアハウスを買ったオーナーだ。

 男性は年収900万円台のサラリーマン。週1度、休日に自宅から車で十数分かけてやってくる。トイレットペーパーを交換し、風呂場の排水溝の髪の毛を取り除く。台所や床もきれいに拭き上げ、外の草刈りも含めて2時間を費やす。
 ―――――――――――

 シェアハウスなのですから、
 入居者は、誰も共同トイレの清掃などしてくれない。

 覚悟して投資をしただろうに、バカが。

|

« ペイモする | トップページ | サラリーマンはゴミの予備軍 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73601/67168573

この記事へのトラックバック一覧です: 覚悟して投資をしただろうに:

« ペイモする | トップページ | サラリーマンはゴミの予備軍 »