« 預金の仮払制度 | トップページ | 民法相続編の解説 »

2018年10月 9日 (火)

預金の仮払制度

 今回の民法改正、
 どれほどの貧乏人を想定したのかと。

 遺留分侵害額の請求だって、
 5億円も請求されたら資金が確保できない。
 そのような請求は想定していないのだろう。

 配偶者居住権だって、
 配偶者に居宅所有権を相続させられない
 心と財産が貧しい相続人家族の話しです。

 特別寄与分は
 請求できるのは、
 遺産の分け前ではなく、
 家政婦としての給料相当額だろう。
 誰が、そんなモノを請求するのか。

|

« 預金の仮払制度 | トップページ | 民法相続編の解説 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73601/67256291

この記事へのトラックバック一覧です: 預金の仮払制度:

« 預金の仮払制度 | トップページ | 民法相続編の解説 »