« 納税猶予制度の広告 | トップページ | プログラミング教育を必修化 »

2018年11月11日 (日)

昔は簿記、いまプログラム

 私は、昔、
 簿記で人生を救って貰った。

 いまなら、
 プログラムで
 人生を救って貰ったのだろう。
 ―――――――――――
 プログラミング、未来開く武器に
「原石」磨くスクール続々 進路広げIT現場で活躍
 日経新聞夕刊

 勉強の意味がわからず、中学1年の秋に不登校になった。
 その後はゲームばかりして過ごした。
 「そんなに好きなら自分で作ったら」。
 父親のひとことでプログラミングに興味を持ち、専門書を読みあさって技能を身につけた。
 だが、中学卒業後も家にこもる日々は続いた。

 https://www.nikkei.com/paper/

 ひとこと、声をかける父親か否か。
 それが家庭の価値観なのだろう。
 

|

« 納税猶予制度の広告 | トップページ | プログラミング教育を必修化 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73601/67368905

この記事へのトラックバック一覧です: 昔は簿記、いまプログラム:

« 納税猶予制度の広告 | トップページ | プログラミング教育を必修化 »