« 納税通信で学ぶ(青色取り消し) | トップページ | 納税通信で学ぶ(障害者控除) »

2018年11月 6日 (火)

納税通信で学ぶ(税務職員の数)

 税務職員は、税理士の数と、ほぼ同数。

 しかし、
 税務職員の4割は間接部門だろう。
 税理士は1人当たり5人を雇うだろう。
 ―――――――――――
 納税通信 第3547号 2018年11月12日号
 12面

 世間を騒がせている省庁の障害者雇用の水増し問題ですが、大方の予想通り、他の省庁に比して圧倒的に水増し人数が多いのは国税庁の1103人でした。報道によると、国税の関係者はこの原因として、国税の職員が約5万6千人と、他省庁に比べて多いため単純に分母が大きいからという認識を示しているようです。

|

« 納税通信で学ぶ(青色取り消し) | トップページ | 納税通信で学ぶ(障害者控除) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73601/67352310

この記事へのトラックバック一覧です: 納税通信で学ぶ(税務職員の数):

« 納税通信で学ぶ(青色取り消し) | トップページ | 納税通信で学ぶ(障害者控除) »