« クレジットカードを利用する | トップページ | 配偶者居住権の評価(土地) »

2018年12月 4日 (火)

クレジットカードを利用する

 小銭が嫌だ = Suica派
 支払を1ヶ月先にしたい = 若者派
 ポイントが欲しい = 家庭の主婦派

 それに加えて、次の動機もありそうです。

 分割払いにしたい = 米国や韓国の人達

 ―――――――――――
 今日の日経新聞
 リボ払い少なく打撃に
 カード会社、手数料上限に反発

 米国や韓国でカードで決済する消費者はリボルビング払いにするのが一般的だ。両国ともリボ払いが取扱高の約4割を占める。リボ払いでは加盟店ではなく消費者がカード会社に手数料を払う。

 これに対し、日本では消費者に手数料がかからない一括払いが約9割でリボ払いはあまり使われていない。負債を先延ばしにしたくない借金嫌いの国民性が響いているとみられる。サービスの対価を「加盟店から取るか消費者から取るかの違い。稼ぎ方のモデルが違う」(カード業界幹部)。

|

« クレジットカードを利用する | トップページ | 配偶者居住権の評価(土地) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73601/67448524

この記事へのトラックバック一覧です: クレジットカードを利用する:

« クレジットカードを利用する | トップページ | 配偶者居住権の評価(土地) »