« 冬に咲く花 | トップページ | 息子と娘を育てるとしたら »

2019年1月13日 (日)

相続税対策で国外に移住

 相続税対策で国外に移住。
 そんな方は存在するのですか。
 ―――――――――――
 日本の超富裕層が次々に米国移住するワケ

 富裕層の一番の頭痛の種は何かというと税金だ。所得税、相続税ともに日本はかなりの高水準で、それを敬遠した移住が増えている。

 日本を離れ、海外に移り住む富裕層が後を絶たないという。外務省によれば、2016年の海外在留邦人のうち、長期滞在者は約87万人、永住者は約46万8000人で、06年に比べて長期滞在者は18.3%、永住者はなんと42.6%も増加している。もちろん、全員が富裕層というわけではない。しかし、富裕層を長年取材してきたジャーナリストの山田順さんは、「富裕層の人がかなり含まれていると見ていいでしょう。日本は、今や中国と並ぶ富裕層の輸出大国になっています」と指摘する。
 ―――――――――――

 相続人と
 被相続人の両者について
 国外での居住実績を10年が要求されます。

 死ぬ時期が分かっていれば逆算が可能だが、
 しかし、人間、いつ死ぬかは計算できない。

 私の場合なら、
 そろそろ移住しなければならない。
 いや、私に限らず、息子も移住する必要がある。

 70才の父、40歳の息子が、相続税対策の為にアメリカに移住する。

 そのようにしても、
 父が79歳で死亡してしまえばダメ。
 父が99歳まで生きれば19年も無駄。

 息子も、その配偶者も、
 40歳で移住し、
 父が79歳で死亡してしまえばダメ。
 父が99歳まで生きれば19年も人生の無駄。

 連れられて移住する孫も、
 10歳で移住し、
 父が79歳で死亡してしまえばダメ。
 父が99歳まで生きれば19年も人生の無駄。

|

« 冬に咲く花 | トップページ | 息子と娘を育てるとしたら »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73601/67586478

この記事へのトラックバック一覧です: 相続税対策で国外に移住:

« 冬に咲く花 | トップページ | 息子と娘を育てるとしたら »