« 成年後見人は眠り口銭 | トップページ | 相続税の申告書 »

2019年2月19日 (火)

土地を相続した息子にも小規模宅地

 最新号の週刊税務通信
 同居要件を満たす子の場合は小規模宅地特例が可能。
 そのような解説がありました。
 ―――――――――――
 「税理士のための相続をめぐる民法と税法の理解」の解説は次です。

 さらに、配偶者居住権には小規模居住用宅地の評価減が認められるのか。底地を相続した相続人にも、相続人が同居している場合は小規模居住用宅地の評価減を認めるのか。残された妻の居住を保護するという社会的な政策を無効化するような通達は作れませんが、その内容によっては相続税の節税に利用されてしまう怖れもあります。どのような評価方法を採用するのか実務家としては強い関心をもつところです。

|

« 成年後見人は眠り口銭 | トップページ | 相続税の申告書 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土地を相続した息子にも小規模宅地:

« 成年後見人は眠り口銭 | トップページ | 相続税の申告書 »