« 土地を相続した息子にも小規模宅地 | トップページ | 続々・百箇条です »

2019年2月19日 (火)

相続税の申告書

 税理士と、
 相続税の申告について
 打合せをしていたのですが、
 相続税の申告は一生のドラマです。

 1億円を超える借金で建築した
 アパートの相続税評価額は2000万円。

 レオパレス型のビジネスモデルは、
 相続税の節税という意味では有効なのだ。

 しかし、薄っぺらい建物で、
 借金の返済期日まで使用に耐えうるのか。
 建築段階で、てんこ盛りに利益を抜いている。

 相続税の節税になりました。
 そのような意味で業者の説明は正しい。

 本人は賃貸業のリスクを背負い続ける。
 そのような意味で業者の説明は正しくない。

 さて、貴方ならどうする。
 相続税2000万円の節税メリットと
 1億円を超える借金を背負う生活を秤にかける。

|

« 土地を相続した息子にも小規模宅地 | トップページ | 続々・百箇条です »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相続税の申告書:

« 土地を相続した息子にも小規模宅地 | トップページ | 続々・百箇条です »