« 今日の東京 | トップページ | 税大論叢最新号 平成30年6月29日発行 »

2019年2月 5日 (火)

ロシアの終焉

 ロシアは
 負のスパイラルに入ってしまった。
 ―――――――――――
 ロシア成長率2%台止まり、プーチン政権に逆風
  …… 省略 ……
 個人消費も18年に前年比2.2%増(17年は3.2%増)に減速した。可処分所得が5年連続で前年割れした一方で、個人向け融資は2割増えた。借り入れを伴う消費が中心とみられる。
 19年は消費税に当たる付加価値税(VAT)が18%から20%に引き上げられ、消費低迷に追い打ちをかけることが予想される。
 ―――――――――――

 日本の財政赤字は、
 どのように解消されるのか。

 1 インフレによる借金の目減り
 2 税収(消費税の増税)

 1は無理なので、
 2にせざるを得ない。

 今、日本の経済は元気ですが、
 元気が無くなったときに
 消費税の増税+人口の減少、需要の減退、経済の失速という負のスパイラルが始まる。

 財政赤字が無傷で終わるはずが無い。

|

« 今日の東京 | トップページ | 税大論叢最新号 平成30年6月29日発行 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシアの終焉:

« 今日の東京 | トップページ | 税大論叢最新号 平成30年6月29日発行 »