« ケンタッキーフライドチキン | トップページ | 神田川の桜 »

2019年3月17日 (日)

マイナス金利の罪

 マイナス金利は経済を冷やす。
 当然の分析だと思います。
 ―――――――――――
 マイナス金利は経済冷やす?
 功罪論争、日銀に影響も
 今日の日経新聞

 中央銀行が経済を刺激するために政策金利を0%未満にする「マイナス金利政策」に世界の有力な学者やエコノミストが疑問を投げかけている。導入した欧州と日本で経済の回復が弱いうえに、金融緩和として物価を上げる効果すら疑う説が出てきたためだ。世界経済の減速を前に、市場関係者の関心は金融緩和に向かっている。しかしマイナス金利の評価が割れたままでは、緩和政策の展開は一段と難しくなる
 ―――――――――――

 金利は市場が決めるモノ。
 そして金利は経済の体温計。

 地価上昇があるから、
 借金をして土地を買う。
 資金需要が金利を引き上げるのです。

 では、
 金利を引き下げたら、
 地価の下落経済でも、資金需要が生じるか。

 それは体温計を摩擦して温度を上げれば、
 病人の体温が上昇して生き返ると論じるのに等しい。

 人為的に金利を下げても、
 経済(病人)は治らない。

 逆に、金利が下がったら、
 スルガ銀行を除き、
 冒険融資ができなくなってしまう。

 黒田日銀総裁は
 確信犯なのか、
 狂信者なのか。

|

« ケンタッキーフライドチキン | トップページ | 神田川の桜 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイナス金利の罪:

« ケンタッキーフライドチキン | トップページ | 神田川の桜 »