« 悪夢の民主党政権の時代 | トップページ | サクラサク »

2019年3月15日 (金)

出版という無駄

 売り出された本は、

 2ヶ月もしないで
 ロングテールに落ち込んでしまう。

 ―――――――――――
 税理士のための相続をめぐる民法と税法の理解 109,989位
 税理士が押さえておきたい 民法相続編の改正 130,621位
 相続法改正と税理士業務           163,712位
 税理士業務のための民法改正ハンドブック   125,133位
 ―――――――――――

 10万番代は、
 amazonで1ヶ月に一冊の販売だろうか。

 出版という無駄。
 アナログ文化は終わったのだと思う。

 終わった文化だからこそ「しがみつく」
 弁護士業の実態に似ている。

|

« 悪夢の民主党政権の時代 | トップページ | サクラサク »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出版という無駄:

« 悪夢の民主党政権の時代 | トップページ | サクラサク »