« MMTという経済理論 | トップページ | デート価額 »

2019年5月26日 (日)

第二会社方式のリスク

Img_5059

 第2会社を設立して、
 旧社を倒産させて税金を踏み倒す。

 第二次納税義務が問われますが、
 犯罪になる方法ではないはず。

 執行免脱罪で送検されてしまう。
 ―――――――――――
 「整理屋」、経営難企業に資産隠し指南 全国で暗躍か
 社会2019/5/26

 業績不振企業の事業再生手法を悪用して資産隠しをしたとして「大物整理屋」と呼ばれるコンサルタント業の男が国税・検察当局に摘発された。

 男は業績不振企業の代表に次々と就任し、税金滞納による差し押さえを免れたとされる。当局は悪質な資産隠しの「指南役」が全国規模で暗躍する実態に警戒を強めている。

 浜田伸興被告は国税当局が長年ウオッチしている整理屋グループの中心人物という。「浜田グループ」などと呼ばれ、昨年末時点で関与している会社は全国で170社超あるとみられている。

|

« MMTという経済理論 | トップページ | デート価額 »