« 自分を盛り上げていれば | トップページ | 仕事が早い人の10のルール »

2019年5月12日 (日)

最も速く消滅しつつある職業

Img_4960

 税理士は
 ライクインしてません。
 米国には税理士業は存在しない。

 税理士事務所の
 職員はランクインしている。
 「データ入力者」です。
 ―――――――――――
 アメリカで「最も速く消滅しつつある職業」ランキング
 2016年から2026年までに予想される従事者数の減少率

 1. 鉄道保線員:78.6%
 2. 呼吸療法士:56.3%
 3. 駐車監視員:35.3%
 4. タイピスト:33.1%
 5. 時計修理士:29.7%
 6. 自動車の電子装置据付/修理工:25.6%
 7. 鋳型職人:24.0%
 8. 鋳物職人:23.4%
 9. コンピューターオペレーター:22.8%
 10. 電話オペレーター:22.6%
 11. 鉱山シャトルカー操縦士:21.9%
 12. データ入力者:22.1%
 ―――――――――――

 アナログを扱う職業が消えていき、
 デジタルに入れ替わるのが時代の趨勢。

 もし、
 「紙」を見て
 「紙」を作成しているとしたら、
 既に、時代遅れの職業です。

 電子申告は、
 税理士にとって以上に、
 国税側のデジタル化だったのだと思います。

|

« 自分を盛り上げていれば | トップページ | 仕事が早い人の10のルール »