« 大英帝国 | トップページ | 作家と読者を繋ぐ書店 »

2019年5月26日 (日)

パクス・徳川幕府

Img_5031

 パクス・ロマーナといいますが、たったの207年。
 それも暴力支配と奴隷制度で維持した平和です。
 ―――――――――――
 パクス・ロマーナ

 パクス・ロマーナ(ラテン語: Pax Romana (パークス・ローマーナ))とは、「ローマの平和」を意味し、ローマ帝国の支配領域(地中海世界)内における平和を指す語である。

 ギボンは五賢帝の時代をそう表したが、アウグストゥスが帝政(プリンキパトゥス)を確立したキリスト紀元前27年から、五賢帝時代の終わりであるキリスト紀元180年までを指すようになった。
 ―――――――――――

 それに比較し、
 徳川江戸幕府は
 265年間について平和を維持した。

 戦争が無いだけではなく、
 対外戦力を持たなかった。

 だから、
 国民は豊かになり、
 武士は貧しかった。

 ちなみに、
 武士は、兵隊ではなく、公務員です。

 265年間について、戦争も対外戦力も持たない政治。
 それは歴史上、日本以外には世界に1つも無い実績です。

 日本は、それを自慢すべきであって、
 武力で自国を守ることを自慢すべきでは無い。

 戦前、昭和の時代の人の命を何とも思わなかった時代。
 それが武力で自国を守る時代です。

 戦後、昭和の時代の70年を超える平和の時代。
 中途半端な位置に自衛隊を留めた戦争への反省。

 戦後70年の平和は自慢すべき日本の歴史です。

|

« 大英帝国 | トップページ | 作家と読者を繋ぐ書店 »