« 漫画、ネット、Kindle化 | トップページ | 大英帝国 »

2019年5月24日 (金)

どこでもドア

Img_5089

 ネットの機能はどこでもドア

 自動車の登録事項証明
 不動産登記簿謄本

 どこでも入手可能、

 戸籍謄本
 住民票

 これが、
 どこの役所でも入手可能になる。
 ―――――――――――
 戸籍謄抄本、どの自治体でも取得可能に 改正法が成立
 24年めどに新システム

 戸籍データを法務省のシステムでつなぐ改正戸籍法が24日午前の参院本会議で可決、成立した。パスポートの取得などに必要な戸籍謄本や抄本が、本籍地以外の市区町村でも取得できるようになる。法務省は2024年をめどに新システムの運用を始める予定だ。

 戸籍の原本は市区町村がそれぞれ管理し、法務省のシステムで副本を管理している。個人情報を含むため、現在は自治体間や年金事務所などとの間で戸籍情報の共有ができない。法改正を受けて法務省の管理システムをネットワークでつなぐ。本籍地以外の自治体も戸籍データを見られるようにする。
 ―――――――――――

 既に、
 過疎地の
 独立した市町村は不要。
 市町村は県庁に吸収合併すれば良いと思う。

 いや、過疎化した県庁は、
 総務省に吸収合併すれば良いと思う。

|

« 漫画、ネット、Kindle化 | トップページ | 大英帝国 »