« Tシャツにチノパン | トップページ | 領収書と契約書の印紙 »

2019年6月26日 (水)

アスベスト訴訟の判決

Img_5142

 アスベスト訴訟についての判決で、
 判例時報1冊分(306頁)です。

 国の責任を認めた理屈は次の通り。
 ―――――――――――
 判例時報 No.2404

 建設アスベスト訴訟
 大阪高判平30.8.31

 本判決は,争点(労働関係法令に基づく規制権限等不行使の違法性)につき,国が講じてきた石綿粉じん曝露防止対策(湿潤化措置局所排気装置関係者以外の立入り禁止,定期的粉じん濃度測定,石綿吹付作業の禁止,防じんマスクの着用,警告表示(建材メーカー及び事業者),安全衛生教育)は,いずれも有効かつ十分なものではなく,建築現場において実効性を有するものであったとはいえないと判断し,

 ア 石綿吹付作業の関係では,昭和47年10月1日から昭和50年9月30日までにつき,a石綿吹付作業者に対する送気マスクの着用義務付け,b建材メーカーに対する警告表示の義務付け及びc事業者に対する警告表示(掲示)の義務付けに係る規制権限不行使の違法性を認め(石綿吹付作業による間接曝露(周辺作業者や後続作業者)の関係では,集じん機付き電動工具の使用義務付けを除き,屋内の石綿切断等作業の場合と同様である。),

 イ 屋内の石綿切断等作業の関係では,昭和49年1月1日から平成16年9月30日までにつき,a防じんマスクの着用義務付け及び集じん機付き電動工具の使用義務付け,b建材メーカーに対する警告表示の義務付け及びc事業者に対する警告表示(掲示)の義務付けに係る規制権限不行使の違法性を認め,

 ウ 屋外の石綿切断等作業の関係では,平成14年1月1日から平成16年9月30日までにつき,a集じん機付き電動工具の使用義務付け,b建材メーカーに対する警告表示の義務付け及びc事業者に対する警告表示(掲示)の義務付けに係る規制権限不行使の違法性を認めた。
 ―――――――――――

 これだけの分量の判決を、
 誤字無く、
 引用の間違いなく、
 コピー&ペーストの省力化も無く、
 1文字ずつを積み上げて全文を作成する。

 書き始めから、
 書き終わりまでの論理を
 頭の中にストックして文章を進める。

 相当に大きな海馬の細胞が無ければ行えない作業です。
 この判決を読むのは敗訴側の弁護士に限ると思います。

 勝訴した側は主文を読めば充分。
 興味の無い弁護士は表紙を見れば充分。

 もちろん、
 必要な作業ですが、しかし、
 君が担当すべきといわれたら、
 即、辞表を提出したと思う。

 この頃、
 1000文字を超える文章の作成は辛い。

|

« Tシャツにチノパン | トップページ | 領収書と契約書の印紙 »