« 令和につなぐ平成の30年 | トップページ | 素晴らしい役所 »

2019年6月26日 (水)

人生100年時代の年金戦略

Img_5134


 ―――――――――――
 人生100年時代の年金戦略
 田村正之著
 ―――――――――――

 こんな本が目について、
 5つ★の書評もてんこ盛り。
 買ってみようかと思ったのですが、

 しかし、年金について、私達に
 意思決定できる箇所って少ないですよね。

 1 70才まで先送りするか。
 2 事業経営者自身が法人成りして厚生年金に加入するか。

 それについて、
 取り戻せるかの視点の書評が書かれてますが、
 「取り戻せるか」の視点は意味がない、
 寿命が読めないし、
 取り戻せ無ければ(早死にすれば)ラッキー。

 事業経営者の場合は、
 法人成りして、自身も厚生年金に加入するか。
 a 節税メリットと、
 b 一生保証の年金というメリットと、
 c 現金の流動性を40年について失わせるデメリットの比較。

 私の時代なら、資金は、賃貸物件に投資しましたが、
 それが無理な時代は、厚生年金への投資なのかも。

 隣が書店なら立ち読みするのですが、
 わずか1512円で購入を悩む。
 ケチですね。

 しかし、値段より、読む時間が勿体ない。

|

« 令和につなぐ平成の30年 | トップページ | 素晴らしい役所 »