« 取締役の解任 | トップページ | 2045年の都道府県の人口 »

2019年6月19日 (水)

税理士、国税、弁護士、裁判所

Img_5227

 時代についてのスピードは、
 税理士、税務署、弁護士、裁判所の順番です。

 1 改正税法を知らなければ申告書は造れない。
 2 申告書が提出されてから税務署は改正税法を学習する。
 3 事件が起きるまでは弁護士は新法などは無縁。
 4 訴状が出されてから裁判官は学習する。

 1の2年後が2で、
 2の4年後が3で、
 3の6年後が4だろうか。

 弁護士のMLで、
 信託を学習するという発言を見て驚きます。
 taxMLでは信託などは前世紀の話題。
 ―――――――――――
 一般社団法人 一般財団法人 信託の活用と課税関係
 関根 稔, 飯田 聡一郎他 2013/10/18
 ―――――――――――

 さらに、
 信託は、税法ですが、
 そのような視点に辿り着くのには、
 さらに80年を要すると思う。

|

« 取締役の解任 | トップページ | 2045年の都道府県の人口 »