« 安楽死を認めない社会 | トップページ | 値下がりリスクは市場が負担 »

2019年6月10日 (月)

タンス預金の規模

Img_5307

 流通紙幣の半数がタンス預金だそうです。
 既に、貨幣経済は破綻状態だと思います。
 現金の半分が相続税で把握できない社会。
 ―――――――――――
 紙幣刷新でどんな効果?
 タンス預金減少 限定的の声
 2019/6/10

 複数の試算がありますが、みずほ証券の上野泰也氏によると、タンス預金の規模は50兆円に近づいているとのことです。世の中に出回るお札の半分くらいの大きさです。

 もともと、不良債権問題の深刻化で銀行経営が不安定になった時期に増えました。預金は不安という心理が強まったのです。日銀による低金利政策が長引き、銀行の預金金利もかなり低い水準です。自宅に保管しておいてもあまり違いはないとの考え方なども、タンス預金増加の背景にあるでしょう。
 ―――――――――――

|

« 安楽死を認めない社会 | トップページ | 値下がりリスクは市場が負担 »