« 日経新聞に学ぶ(AIと雇用) | トップページ | 相続の講演会 »

2019年7月 4日 (木)

日経新聞に学ぶ(AIの不安はどこに)

Img_5183

 ―――――――――――
 「判断」に説明責任なし
 ジェフリー・ヒント氏(トロント大学名誉教)

 Q 説明できないところに不安を感じます。

 AIの多くのシステムも人間と同じだ。住宅ローンを例に取ろう。

 AIで最適なローンの決断をするには過去の貸し出しデータに含まれる規則性を数百万単位で読み解かないといけない。その結果、規則性の6割からローンを出せとなればローンは実行される。

 ニューラルネットがあり、何十億もの『重み』のパラメーターがあり、そこに個人のデータをかけあわせたらローンを出せとなった。テクニカルにはそうとしか説明しようがない。
 ―――――――――――

 確かに、
 人間が運転している場合だって、
 ブレーキの踏み間違いか否かは説明できない。

 住宅ローンの審査だって、
 多様な要素に重みを付けたとしか説明できない。

 AIが答を出した理由は不明。
 しかし、人間が答を出した理由も不明。

|

« 日経新聞に学ぶ(AIと雇用) | トップページ | 相続の講演会 »