« 藤山雅行裁判官 | トップページ | 地方銀行という不要資産 »

2019年7月19日 (金)

地方銀行という不要資産

Img_5430

 30年後に銀行はあるか。
 この設問は間違ってます。

 3年後に地方銀行はあるのか。
 利ざやで稼ぐのが銀行業です。

 3%で預金して貰い、
 8%の金利で融資する。
 それが昭和の経済でした。

 いま、利ざやが1%も取れない時代です。
 それではコストにも、
 リスクにも耐えられません。
 ―――――――――――
 30年後に銀行はあるか(大機小機)
 日経新聞

 最近の東証1部上場企業のPBRは製造業が1.1倍、非製造業は1.4倍である。問題はPBRが大きく1を割っている場合だ。とくに0.5以下となると、市場はその企業を、簿価の半分以下の価値にしか見ていないことになる。

 実はPBRが0.3の業種がある。もはや上場している意味はなく、市場から見捨てられているといっても過言ではない。銀行業だ。

|

« 藤山雅行裁判官 | トップページ | 地方銀行という不要資産 »