« 次期税理士法改正に関する答申 | トップページ | 国税は挑戦する »

2019年8月19日 (月)

来年の熱中症は3倍に

Img_5692

 日影を拾ってルートを作れば良いのですね。
 ―――――――――――
 コースの変更を求める選手も。陸上男子20キロ競歩世界記録保持者の鈴木雄介(富士通)は五輪のレース1年前の7月31日朝に実際のコースを歩き、気候や路面状況を確認。「自分にできるのはベストコンディションをつくることと、暑さに慣れること」と話しつつ、「ほぼ日陰がなくて脱水になってもおかしくない。可能ならコースを再考してほしいと思った」と訴えた。
 ―――――――――――

 マラソンコースなどは、
 ビルの隙間や、神社の中、下町の路地を走れば良い。
 八重洲の地下街から大手町に通じる地下通路も良い。

 「外での運動は危険」

 気予報が発表された環境で開催したら、
 主催者は不法行為責任を負うことになる。
 いや、業務上過失致死の責任を負うと思う。

|

« 次期税理士法改正に関する答申 | トップページ | 国税は挑戦する »