« ヨーロッパの決済事情 | トップページ | 3つの格差 »

2019年8月22日 (木)

京都アニメへの寄附

Img_5703

 寄附者を優遇する。
 京都アニメへの優遇策ではないので、
 寄附を受けた年度での益金計上が必要。

 火災による損失は保険で填補されるだろう。
 死亡者への退職金の支給や債務計上だろうか。
 ベテラン社員の喪失や、将来の営業損失の損金計上は無理。
 非課税の基金型の積立が可能なら良いのですが、それは無理。
 ―――――――――――
 政府、京アニ寄付者の税軽減へ
 災害義援金と同じ扱い 「地方公共団体への寄付金」位置づけ

 犯罪被害に関する寄付金を災害義援金と同じように扱うことは異例。特に企業が寄付しやすい環境をつくる狙いがあり、支出金の全額を決算時に損金として算入できる制度を活用する。

さらに、京アニの口座にある支援金は収益とみなされ、京アニ側の課税対象となる。遺族や負傷者への補償に加え、会社の再建を急ぐ京アニにとって、想定外の税負担が今後の復旧の足かせになるおそれもある。

|

« ヨーロッパの決済事情 | トップページ | 3つの格差 »