« 自由と正義という機関誌 | トップページ | 贅沢の基準 »

2019年8月18日 (日)

フリーランスという働き方

Img_5684

 フリーランスという働き方。
 夢ではなく、定着しますね。
 ―――――――――――
 宅配、広がる「ウーバー流」 隙間時間に運転手副業
 アマゾンも個人配送網

 「週50時間で月額40万〜43万円を稼ぐことが可能。時間と日時を自由に選べる働き方です」――。アマゾンジャパンは首都圏と愛知県の一部地域で、個人の運送事業者に宅配を委託する「アマゾンフレックス」を始めた。

 対象は貨物軽自動車運送事業の届け出をした軽貨物車(黒ナンバー)を持つ20歳以上の個人だ。受注から最短2時間で商品を届ける「プライムナウ」などの配送をする。従来も荷主と契約する個人はいたが、2時間単位の業務でより柔軟に働くことができる。
 ―――――――――――

 私も、
 フリーランスという生活について
 一文を書いてますが、それは提言だった。

 しかし、いま、提言ではなく、現実になっている。
 働くのならサラリーマンよりも、
 フリーランスの方が楽しい。

 私は、開業したときからフリーランスだったのですが、
 それでも重たい事務所を背負ってのフリーランス。
 事務所をバーチャルにしてしまう。
 それも夢では無く、現実になるはず。

|

« 自由と正義という機関誌 | トップページ | 贅沢の基準 »