« 安全資産である円 | トップページ | 東京税理士界で学ぶ(小規模宅地評価減) »

2019年8月 6日 (火)

東京税理士界で学ぶ(空き屋の減価償却)

Img_5620

 賃貸物件は、
 借家人の募集を開始したときから減価償却が可能。
 つまり、次は、当然の結論です。
 ―――――――――――
 東京税理士界 No.751 2019年8月1日

 10面

 共同住宅の1室が空室の場合における減価償却費の計上

 空室部分について、入居者の募集等を継続し、貸付け可能な状態に維持管理されていれば、その部分の床面積に係る減価償却費についても必要経費に算入することができる。

|

« 安全資産である円 | トップページ | 東京税理士界で学ぶ(小規模宅地評価減) »