« AIで税理士業が無くなる | トップページ | ビッグデータを発見 »

2019年9月11日 (水)

司法試験という制度

Img_5787

 司法試験という制度
 どうしようもないところまで来てしまった。

 100人が受ければ33人が合格しても、
 受験者数は4466人に減ってしまった。
 ―――――――――――
 合格率は4.52ポイント増の33.63%。合格者の内訳は男性1136人、女性366人。平均年齢は28.9歳、最年長は65歳、最年少は20歳。19年度の受験者数は4466人で、新試験に完全移行した12年以降、初めて5千人を割りこんだ。
 ―――――――――――

 ほとんど、
 完全に、社会から見放された制度。

 このレベルの試験合格者から裁判官を選ぶのだから、
 よほど税務職員より偏差値の低い裁判官が登場する。

|

« AIで税理士業が無くなる | トップページ | ビッグデータを発見 »