« 大嘗宮は紅葉です | トップページ | ITエンジニアの年収 »

2019年11月20日 (水)

内部の弱点によって崩壊する

Img_6321

 隆盛を極めた帝国は外部からの圧力ではなく、
 内部の弱点によって崩壊する
 ―――――――――――
 欧州サッカー ロナルド・レング
 弱体化するメガクラブ 崩壊は内部の弱点から
 今日の日経新聞夕刊

 イングランドのマンチェスター・ユナイテッド(マンU)を率いて黄金時代を築いたアレックス・ファーガソン氏は、ひところ歴史家に転向しようと考えていたそうだ。クラブ広報誌のインタビュー記事に「自分の理論を歴史研究に生かしたい」とある。

 氏の学説によると「隆盛を極めた帝国は外部からの圧力ではなく、内部の弱点によって崩壊する」。なるほど、ローマ帝国もソビエト連邦もそうだった。こんにちのサッカー界にもその兆候が認められる。圧倒的な支配者だったバイエルン・ミュンヘン、レアル・マドリード、バルセロナといったメガクラブがかつての強さを失いつつある。
 ―――――――――――

 これって
 私の持論です。

 城は内部からしか落とせない。
 人間は常に墓穴を掘って消えていく。
 業界のビジネスモデルが衰退の理由になる。

|

« 大嘗宮は紅葉です | トップページ | ITエンジニアの年収 »