« 脂肪肝 | トップページ | 補佐人の大学院講座 »

2019年11月 7日 (木)

カウントダウン

Img_6147

 レオパレスの会社更生法の申し立てまでxヶ月。

 入居率を維持するとしても、
 それは家賃の引き下げで実行していること、
 そして家賃の引き下げは入居者の低下を生み出し、
 他の居住者の退去を増やしてしまうと思う。
 ―――――――――――
 施工不良問題に揺れるレオパレス21の業績悪化に歯止めがかからない。7日、2020年3月期の連結最終損益が273億円程度の赤字(前期は686億円の赤字)になる見通しだと発表した。2期連続の赤字になる。入居率の低下により主力の賃貸事業の不振が続いている上、空室が増えた場合にオーナーに補填する損失についての引当金を計上する。

 9月の入居率は80.07%と、施工不良問題が昨年春から表面化して以降14カ月連続で前年実績を下回った。6月から入居率が回復すると見込んでいたが改善の兆しが見えない。入居率が80%を下回ると収支がマイナスとなる「逆ざや」になるとされる。10月にも80%を下回った可能性が高い。
 ―――――――――――

 レオパレス物件を持っている家主は大変だと思う。
 取り壊して更地にするのだろうか。

|

« 脂肪肝 | トップページ | 補佐人の大学院講座 »