« 海外不動産節税を防止 | トップページ | 読み手の時間を節約する »

2019年11月26日 (火)

レオパレスの10ヶ月後

Img_6440

 レオパレスの10ヶ月後は、

 破産だろうか、
 和議の申請だろうか、
 会社更生法の申請だろうか、
 ―――――――――――
 レオパレス、迫る「逆ざや」と減る「虎の子」
 日本経済新聞

 レオパレス21が賃貸するアパートの入居率が10月、9年ぶりに80%を下回った。80%は入居者からの家賃収入とオーナーへの支払いが拮抗する分水嶺で、下回ると「逆ざや」になって資金繰りに影響すると株式市場でも注目されてきた数字だ。レオパレスは資産売却で資金は確保しており、今後の入居率回復で経営を安定させようとしているが、市場には懐疑的な見方も残る。
 ―――――――――――

 従前のレオパレスなら、
 家賃の引き下げを家主に飲ませたが、
 いまの立場では家主との強い交渉もできない。

 レオパレスの物件に住むことは
 住民も、友人に語れないだろう。

 既存建物の品質問題なのだから、
 スポンサーも登場しないだろう。

 大量の難民家主が登場するのだ。

|

« 海外不動産節税を防止 | トップページ | 読み手の時間を節約する »