« 議論するのは限界事例 | トップページ | 事務所ビルはクリスマス »

2019年11月 5日 (火)

営業職という働き方

Img_6134

 営業職、事務職、研究職、作業職。
 そして、事務職は消滅しつつある。
 ―――――――――――
 酒屋営業も社長も女性初
 朝日新聞

 駆け出しは、街の酒屋さんへの営業。それまで女性の営業担当者という存在がいなかったので、最初は相手にされず、「担当を変えろ」と言われたこともありました。私が週1回訪ねているお店から、近くに新しい飲食店ができるという大事な情報を教えてもらえず、電話で私の上司に直接相談されていたときは、悔しかったですね。

 …… 省略 ……

 3年くらい経つと、お得意先から「頑張っているね」と声をかけていただくようになって、コツコツやっていると信頼関係ができてくるんだなって思いましたね。営業成績も目標販売数に届くようになって、この感じだったら続けられると思えた。セールスコンテストで100人くらいの中から表彰された時は、仕事を面白いと感じました。
 ―――――――――――

 男の営業は似合うけれども、
 女性の営業は難しいと思う。

 ノルマで働く人達には、
 ノルマを果たさない限り居場所がない。

|

« 議論するのは限界事例 | トップページ | 事務所ビルはクリスマス »