« 知識循環 | トップページ | 日経新聞に学ぶ(電子申告) »

2019年11月16日 (土)

日経新聞に学ぶ(ソフトバンクの借金)

Img_6223

 ソフトバンクが破綻したら、
 日本の裁判所に事務処理能力があるのだろうか。
 ―――――――――――
 孫氏の経営は「ぼろぼろ」か
 てこの原理どこまで
 今日の日経新聞

 そのBSを他社と比べてみよう。SBGの総資産は現在、日本の株式上場企業で4位(金融など除く)の規模。上にいるのは日本郵政、日本取引所グループ、トヨタ自動車の3社だ。3位のトヨタとは15兆円の差があるが、負債合計はトヨタが31兆円、SBGは28兆円で同水準。SBGは資産に対し負債の比率が高いのが特徴だ。
 ―――――――――――

 カネを貸しているのが日本の生保で無ければ良いのだが。
 もし、日本企業がカネを出しているとしたら
 日本経済が頓挫してしまう。

 しかし、ソフトバンクの破綻は不可避だろう。
 今回の投資のミスが理由なのではなく、
 拡大し続けることがビジネスモデルは、
 破綻が行く先であることは、
 幾つもの前例が語っている。

|

« 知識循環 | トップページ | 日経新聞に学ぶ(電子申告) »