« 山の手線 | トップページ | コロナ後の社会 »

2020年4月25日 (土)

ホテルには行きたくない

Img_7764

 ホテルで隔離生活。
 抽象論としては大賛成ですが、
 現実論としてはお断りしたい。

 我が家は、隣に、隔離用のワンルームを確保してますが、
 そこに転居するのだって、現実論としてはウンザリです。

 病院に行くのは、さらにウンザリです。
 感染者の10%は院内感染だとか。

 軽傷の私が、
 重症の私になってしまうかもしれない。
 ―――――――――――
 ホテル療養進まず 東京や大阪、家庭内感染のリスク
 2020/4/25

 新型コロナウイルスの感染拡大による医療崩壊を防ぐため、東京都などは軽症や無症状の感染者のホテル療養を進めてきた。ただ家庭の事情で自宅療養を選ぶ患者は多い。家庭内感染のリスクもあり、関係者は危機感を強めている。

 東京都内で24日時点で、軽症・無症状でホテルに滞在している患者は210人。確保した部屋は3割も埋まっていない。

 都は「看護師などの目が行き届いて病状も把握しやすい」とホテル療養を勧めるが、2週間外出禁止の閉鎖環境は敬遠されがち。感染拡大防止のため持ち込み品も制限され、自宅療養を希望する人が多いという。

 大阪府も24日までに、ホテル3施設で計1565室を確保したが、滞在中の療養者は1割弱の98人にとどまる。

 自宅療養で同居の家族がいる場合、家庭内で感染が広がる恐れもある。都では多いときは新規感染者のうち濃厚接触者の約4割が家庭内感染とみられている。
 ―――――――――――

 家庭内隔離を採用した埼玉県知事が叩かれてますが、
 私も、当初は「とんでもない埼玉」と思ってましたが、
 あの県には、カネも、偏差値がまともな医学部もない。
 そして埼玉では家庭内隔離の死亡者が出現しましたが。

 いや、しかし、家庭内隔離が正しいのだと思う。
 学生など、単身ワンルーム族はホテルに収容するとして、
 家族のいる人達は、家庭内隔離で、家族がパンツを洗ってあげる。

| |

« 山の手線 | トップページ | コロナ後の社会 »