« 東京都で224人の感染者 | トップページ | 壁に向かって話す »

2020年7月 9日 (木)

賠償金は毎月の受け取り可能

Img_6754_20200709202301

 受領者側は非課税として、
 支払者側は、支払時の損金なのだろうか。
 ―――――――――――
 交通事故で障害、賠償金は毎月の受け取り可能に 最高裁
 2020年7月9日

 交通事故の被害者が将来得られるはずの収入を賠償金として保険会社から受け取る場合、実際の取り分が大きく減る一括の受け取りではなく、取り分が減らないよう毎月受け取る形にしてもよいか。この点が争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第一小法廷(小池裕〈ひろし〉裁判長)は9日、被害者側の意向に沿って毎月の受け取りを認めた一、二審判決を支持した。一括での支払いを主張した保険会社側の敗訴が確定した。

 事故で障害が残った場合、被害者は将来得られたはずの収入が逸失利益として計算され、賠償を受け取れる。一括で受け取る「一時金」方式が慣例とされてきたが、半分以上が利息分として差し引かれるケースもあり、被害者側には「実際の受取額が少なすぎる」との不満があった。

 定期的に一定額を受け取ることで利息分が差し引かれない「定期金」方式を最高裁が認めたことで、交通事故の損害賠償をめぐる裁判や保険実務に影響を与える可能性がある。
 ―――――――――――

 毎月の支払いを選択していたら、
 来月に死亡してしまった。

 年金を何歳から貰うのかと同じ悩みが生じる。

|

« 東京都で224人の感染者 | トップページ | 壁に向かって話す »