« コロナと無縁の商売 | トップページ | 素晴らしいビジネス »

2020年8月11日 (火)

鬱陶しい存在

Img_8549

 予定納税とか、消費税とか、地方税とか、
 何度も、何度も、請求書が送られてくる。

 鬱陶しいのは仕方が無いのかもしれないが、
 しかし、鬱陶しいことこの上ない存在です。

 鬱陶しさの上に成り立つ税理士という存在。

 税理士は何の付加価値も造らず生きている。
 この鬱陶しさが税理士の居場所を作り出す。

 取税人マタイが嫌われたのが実感できます。
 なぜ、国民は、この鬱陶しさに耐えるのか。

 事業経営者は税法について寛容なのですが、

 国民の全員が、この鬱陶しさを味わったら、
 税理士は取税人マタイのように嫌わるはず。

 サラリーマンは、この鬱陶しさを認識せず、
 だからこそ、税理士が生きていけるのかも。

 それでも税理士は自らは悪を造り出さない。
 コルナウイルスや弁護士よりはマシな存在。

|

« コロナと無縁の商売 | トップページ | 素晴らしいビジネス »