« ネット上に抽象的人格を作り出す | トップページ | コロナと無縁の商売 »

2020年8月 7日 (金)

悟りとはなにか

Img_8539

 悟りとはなにか
 今日の日経新聞に
 仏教学者が語ってます。
 ―――――――――――
 しかし、古代インドから伝わる仏教の文献を見ても、人が一瞬にして悟りを開いた、というような話はみあたらない。創始者の釈迦自身、長い修行で試行錯誤を繰り返し、その最終結果として菩提樹の下で「悟りを開いた」とされているが、それも、じっと思索を続けた結果として、「じんわりと」真理が見えてきた、という言い方になっている。

 雷にうたれたように、瞬時で新たな自己に生まれ変わった、などという話ではない。
 ―――――――――――

 なるほど。
 思想で完成したユダヤ、キリスト、イスラム教に比較し、
 中味が存在するのか疑問がある葬式仏教なのですが、

 試行錯誤し、
 心理が見えてきたとじんわりと分かる。
 それが悟りなのですね。

 そうであるなら、
 私は、今日、二つの悟りを得た。

 テレワークなんて騒ぐ人達は、
 一時代前にAI、ディープラーニングで世界が変わると騒いでいた人達と同じ。
 それと同じなのだと理解すれば、
 私の社会に対する違和感、ソワソワ感がなくなる。
 これは悟りだろう。

 テレワークは品質を落とすことで成り立っている。
 そりゃ、自宅で仕事をしたら品質が落ちてしまうのは当然。
 会社内でのコミュニュケーションが欠けたら品質が落ちて当然。
 品質が落ちてもテレワークを実行せざるを得ない状態。
 それを理解すれば、私の社会に対する違和感、ソワソワ感がなくなる。
 これは悟りだろう。

|

« ネット上に抽象的人格を作り出す | トップページ | コロナと無縁の商売 »